News

2008/10/15

第3回ハイサービス日本300選を受賞(沖縄県内初)

クーポン付きダイレクトメール(DM)事業などを手掛けるアイディーズ(那覇市、山川朝賢社長)は14日、那覇市の沖縄振興開発金融公庫で記者会見し、サービス産業生産性協議会が選出する第3回「ハイ・サービス日本300選」に沖縄から初めて選ばれたと発表した。サービス過程の改善や高付加価値化などが評価項目で、全国33社が選ばれた。
顧客データを分析し、購買履歴などに応じて顧客によって内容の異なる販促を展開する「ワントゥーワンマーケティング」などが評価された。
同社は全国の流通業28社(約2300店舗)の販売時点情報管理(POS)データを沖縄の処理センターで管理し、クーポン付きDMを1カ月に約100万通発送している。

►詳細記事はこちら 2008年10月15日 琉球新報掲載記事