News

2010/2/11

スーパーマーケットトレードショー講演

東京ビッグサイトで開催されるスーパーマーケットトレードショーには、毎年10万人が訪れる。

全国のスーパーマーケットをクライアントに持つアイディーズでは、ID-POSデータの分析手法を活かし、顧客に望まれるサービスや売り場づくりを提案している。店舗ごとに違う顧客の声(データ)は、いったい何を示しているのでしょうか?

350名のセミナーメイン会場は、400名以上のお客様でいっぱいになりました。POS-DATAに対する関心の高さが伺えます。

長時間の講演にもかかわらず、立ち見もいっぱいでした。来年はトレードショーブース出展を予定しています。

よろしくお願いします。