News

2013/12/3

生鮮を含む食品データ統一化コード「i-code」説明会

 ”見えなかった5割が見える”食品流通業界におけるビッグデータ革命

~流通業界の常識を覆し不可能を可能にした生鮮食品のPOSデータ統一化コードの背景から、究極のデータ活用方法まで語ります~

このような方に

お勧め致します

・食品流通業界でPOSデータを活用されている方

・POSデータはあるが、全く活用できていない方

・消費者のニーズをリアルタイムで知り、商品開発や販売拡大に繋げたいとお考えの食品メーカー様

・顧客のニーズを知り、お店を活性化したいとお考えの食品スーパー様

・取引先に顧客のニーズに合った提案販売をしたいとお考えの食品卸様

・スーパー店舗の統合などで、データの整備にお困りの方

・POSデータの活用でどんなことが出来るのか知りたい方

・ビッグデータの活用をお考えの方

開催日 第5回 平成25年12月3日(火) 
 時 間  14:00~16:30  (13:30 受付開始)
会 場

アクセス

株式会社アイディーズ 横浜支店 4階会議室  地図・アクセス

(横浜市中区日本大通14番地KN日本大通ビル4階)

・JR京浜東北線直通根岸線     関内駅南口より徒歩7分

・東急東横線直通みなとみらい線  日本大通り駅2番出口より徒歩1分

 入場料  無料 (定員 各10名) ※定員になり次第受付終了となります
 対象者 経営者様又はマーケティングご担当者様・情報システムご担当者様を含む、2名様でのご参加をお勧め致します。
 

内 容

【第1部:明暗を分けるビッグデータの活用方法】  ・今なぜ生鮮を含む食品データの統一化が必要とされるのか?

・発展している企業のビッグデータ活用方法。

【第2部:「i-code」の概要と活用の方向性】

・「i-code」が食品流通をどう変える?

・現場は今まで通りのコード入力をし、集まったデータを「i-code」に変換し統一化。

・導入においての手順と課題及び、運用方法とデータ活用の方向性。

お申込・お問合せ

 

セミナー詳細  ・お申込みは終了しましたwebセミナー申込書フォーム

◆お問合せ⇒webお問合せフォーム

TEL045-210-0739  株式会社アイディーズ 広報:長濱瑞江