ID-POS/i-codeを活用した顧客の洞察

ID-POSの数値は雄弁に顧客の心理と行動を語る

ID-POSとは、ID付きのPOSデータのこと。ポイントカードなどを利用して、誰が、いつ、どこで、何を、いくらでいくつ買ったかの情報を管理するデータです。優良顧客を獲得するためには、当然、顧客の心理と行動を知る必要があります。
最大の情報となるのが、毎日、店舗で生まれていくID-POSデータです。誰がいつ何を買ったかを記録したデータを解析し、顧客の属性や商品DNA など、あらゆる角度から数値を検討していくことで、いままで見えていなかった顧客の傾向を数字で可視化することが可能となります。私たちは、日本全国のお取引流通様から、日々連携されている大量のID-POSデータを基に、流通様やメーカー様の長所や課題を検討し、必要な施策や提案を行います。



i-code 生鮮3品・惣菜も網羅した日本初の商品標準化コード

i-codeは、流通店舗横断で商品の購買分析を行うことを目的に開発された、日本初の「商品標準化コード」です。私たちは、日々全国から連携されるID-POSデータを、独自の方法でi-codeコードに自動振分することで、地域や全国の市場データを生成しています。i-codeでは、これまで食品流通業界において統一不可能といわれてきた「生鮮3品・惣菜」までも網羅しており、すでに日本および台湾・中国で特許を取得しています。

ID-POS/i-codeデータを効率的かつ
迅速にマーケティングに活かす各種事業

パーソナル
プロモーション事業
パーソナルプロモーション事業

顧客それぞれの購買データに基づき、最適なプロモーション情報を提供しています。アプリ・WEBサイト・LINE等でMyShopを展開中です。

  • My shop→

データ分析事業データ分析事業

大手小売業様及びメーカー様に向けてデータ分析ツールを提供し、日々のマーケティングに活用していただいています。

  • PowerID→
  • i-code→
  • MD 販促計画→

リテール
マーケティング事業
リテールマーケティング事業

大手小売業の店舗集客と売り上げに貢献するソリューションを提供しています。

  • eとくTV→
  • ロイヤリティプログラム→

アグリ事業アグリ事業

データに基づき、農業生産者と生活者を直結するサービスを開発しています。